iphone8で搭載される有機ELディスプレイとは

iphone8では、5.15インチの有機ELディスプレイが搭載されると言われています。

もっとも、iphoneの新製品には3種類あるとされ、どのモデルの有機ELディスプレイが搭載されるかどうかはまだわかりません。この有機ELディスプレイとはどのようなものなのでしょうか。

有機ELディスプレイは、次世代ディスプレイのパネルとして注目されています。日本では有機ELと呼ぶのが一般的ですが、海外ではOLEDと呼ばれることが多いです。

有機ELは、有機EL素子に電圧をかけて発光させています。


原理としては、LEDと類似しています。



発行する際にエネルギーが熱に変換されず、発熱しないのが特徴です。このように有機ELは自身で発光するので、バックライトで照らさなければ実用的にカラー画像を見ることができない液晶とは異なります。



有機ELディスプレイでは、液晶ディスプレイでは実現困難な完全な黒を実現し、液晶ディスプレイより視野角も広く、美しい画像を実現します。

また、有機ELディスプレイは、バックライトを必要としないので、製品の薄型化が容易で消費電力を減らすことができます。



これを搭載することで、iphone8はより薄型でバッテリーも長時間使えるようになり、製品の重さも計量化することが期待されています。
iphone8で採用される有機ELディスプレイは、薄くて曲げることができるフレキシブル有機ELディスプレイというタイプであると言われています。
このため、iphone8のデザインは、従来とは異なったものとなる可能性が指摘されています。
まだ製品の具体的発表はありませんが、有機ELディスプレイを搭載したiphone8は、大きめの画面でも薄型で、軽く、バッテリの持ちがよいことが想像できます。