iphone8発売後の旧モデルのサポート

これまでも、iphoneシリーズは、一般的なスマートフォン同様、新モデルがリリースされる度に、旧モデルのサポート打ち切りや、値下げと言った措置が取られてきました。



iphone7発売時には、iphone4のサポート終了が発表されましたが、日本国内では2010年に発売されて以降、2016年までという長期のサポート期間は、長くても2年程度でサポート打ち切りとなる一般的なメーカーと比較して、手厚いサポートとなり、世界中のユーザーがApple製品を選ぶ理由のひとつとなっており、次期モデルのiphone8も、多くのユーザーに選ばれるに違いありません。そのような流れの中で、iphone8発売後の旧モデルのサポート体制に注目が集まっています。

現行サポートの継続しているモデルの中で一番古いモデルは、修理サポートではiphone4s、iOSではiphone5シリーズですが、次はいよいよサポートが打ち切りになるのではと、心配する声も聞こえてきます。


iphone4がサポート売り切りとなった際は、大きく変化したネットワーク環境と、4kなどの高解像度の映像や、高度な処理が要求される中で、快適な動作を要求するのは難しいことから、多くのユーザーが時代の流れだと納得しました。



一方、iphone5シリーズに関しては、利用目的によっては、まだまだ通用するスペックであり、中古市場でも未だに人気となっている程で、そのような名機がポート打ち切りとなると、一抹の寂しさも感じざるを得ませんが、それ以上に、iphone8の、革新的な要素に期待したいところです。